Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

【AdWords 検索】Academy for Adsで受験可能なGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格のAdWords 検索について

f:id:uramotokenji:20180313132443p:plain

2018年1月に移行されたAcademy for Ads版のGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格のAdWords 検索を2018年3月13日(火)に受験しました。設問が大幅に変更されている可能性があったため、まずは設問の把握をするということで、特別な受験対策はせずに受験しましたが、正解率80%以上を達成したため、一発合格でした。

 

一部、設問や回答の言い回しや文言の変更、そもそもの仕様が変更になったので、回答自体が変わっているものもありましたが、基本的に設問は過去のものと同じものが大半を占めていました。

 

過去に受験した経験があれば、設問で大きく迷うものはないので、基本をしっかり押さえておけば大丈夫でしょう。

 

なお、AdWords 検索で出題される設問は当ブログに記載したものが、大多数、出題されると思いますが、Googleの設問傾向からは一部、ランダムで出題される可能性が高いので、ご注意ください。

 

そのため、受験する場合には事前にAdWords 検索の学習ガイドページで学習しておいた方がよいでしょう。また不定期開催のAdWords 認定資格セミナーでは、要点をGoogle担当者が説明してくれますので、そちらを受講してから、AdWords 検索の受験をすることを推奨します。

 

ちなみに問題数は100問で、制限時間は120分(2時間)です。不合格でも再受験できる期間は1 日と今までより大幅に短縮されているので、苦手分野をきっちり克服して、再受験することをおすすめします。

 

最後にAdWords 検索に合格すれば、次に受験したいのはAdWords モバイル認定資格またはAdWords ディスプレイ認定資格でしょう。モバイルは現在、主流になってきているスマートフォン向けの広告についてですし、ディスプレイ広告も配信しない選択肢は少なくなってきていると思います。