Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


2018年GoogleとFacebookの米広告シェアが減少見込み

f:id:uramotokenji:20180322154349j:plain

アメリカの調査会社であるeMarketerがGoogleFacebookの2社の2018年のアメリカでのデジタル広告市場のシェアが前年比で減少するという予測を発表したというニュースが飛び込んできました。

 

この要因としてeコマース中心ではあるものの、広告事業に積極的に取り組みつつあるAmazon.comのアマゾンや写真共有アプリケーションで人気が高いSnapchatを提供しているSnapが両社のシェアをわずかずつながらGoogleFacebookの2社のアメリカでのデジタル広告市場でのシェアを侵食していると指摘しています。

 

eMarketerによると2020年には、アマゾンはマイクロソフトなどを抜き去り、アメリカでのデジタル広告市場では3位に浮上すると予想されています。

 

しかし、2020年時点でのアマゾンのデジタル広告市場でのシェア予想は4.5%前後で、現在もデジタル広告市場シェアで5%を超えている企業はGoogleFacebook以外はなく、GoogleFacebookの寡占を止められる企業は出てくる気配がないのが現状だといえます。

 

▼参考リンク

www.itmedia.co.jp

jbpress.ismedia.jp