Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


Google ショッピング認定について

f:id:uramotokenji:20180322160232p:plain

2018年1月に移行されたAcademy for Ads版のGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格のショッピング広告を受験しました。設問が大幅に変更されている可能性があったため、まずは設問の把握をするということで、特別な受験対策はせずに受験しました。


初回受験は70%を超える正解率でしたが、残念ながら不合格でした。一発合格できなかったことに落ち込む暇はなく、数日後に再度受験して、2018年3月22日(木)に正解率80%以上を達成したため、合格となりました。


ショッピング広告のGoogle AdWords認定資格の中でも難易度は中級に位置付けられているということで、単純に他の試験と比較して、難しいということもあります。

 

しかし、回答すべき設問は63問と他の試験と比較して少ないにも関わらず、(※実質的には100問近い)100問の中から、ランダムに出題されるため一発合格しない場合で再受験すると、初見の問題が多く、難しいと感じると思います。


難易度が中級試験とはいえ、基本をしっかり押さえておけば大丈夫だとは思いますが、ショッピング広告の運用経験がない場合は、回答に迷う問題も多いでしょう。

 

なお、Google ショッピング認定資格で出題される設問は当ブログに記載したものが、大多数、出題されると思いますが、Googleの設問傾向からは一部、ランダムで出題される可能性も否定できないので、ご注意ください。

 

そのため、受験する場合には事前にショッピング広告の学習ガイドページで学習しておいた方がよいでしょう。

 

出題問題数は63問で、制限時間は90分(1.5時間)です。不合格でも再受験できる期間は1 日と今までより大幅に短縮されているので、苦手分野をきっちり克服して、再受験することをおすすめします。

 

最後にショッピング広告を普段扱わない、今後も扱う予定がない場合は、難易度も高いですし、無理をして最優先で受験すべき資格ではないと思います。AdWords モバイル認定資格やAdWords ディスプレイ認定資格など未受験のものがあれば、そちらを優先して問題ないと思います。

 

-----

※何度か受験して100問から出題されていることを確認したため修正