Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


GoogleのURL短縮サービス「URL Shortener」が2019年3月30日で終了

f:id:uramotokenji:20180402094147p:plain

2009年からGoogleが提供してきたURL短縮サービスのGoogle URL Shortenerが2019年3月で終了するというニュースが飛び込んできました。


正式な終了日までは約1年ありますので、Googleの短縮URLサービスを利用している場合、他社サービスに移行が必須となります。Googleは2008年にアメリカで創業されたBitlyやOw.lyといった短縮URLサービスへの移管を推奨しています。

 

なお、Googleがどのような判断で終了を決定したのかは不明です。しかしpixiv(ピクシブ)が運用していたURL短縮サービスのp.tlサービスもマルウエアに感染したサイトやスパムメール、フィッシング等に利用されているとして2017年9月29日(金) 12時にサービス提供を終了しています。

 

Googleの提供しているURL短縮サービスでも同様な状況が発生しており、サービス提供を終了することに決定した可能性も否めません。近年、Googleのインターネット上でのセキュリティに対しての意識の高さは、GoogleのブラウザであるChromeで将来的にHTTP接続というだけで警告表示を出す方針を打ち出していることからも明らかです。

 

Googleが撤退したことで、今後はBitlyやOw.lyの2大サービスが主力となりますが、スマホファーストの時代において、URL短縮サービスを利用する環境も大きく変化していくでしょう。

 

▼参考リンク

gigazine.net

internet.watch.impress.co.jp

developers.googleblog.com