Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格を徹底攻略!

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の問答集。試験問題の設問と解答例を掲載中。Googleアドワーズの資格合格に向けたお役立ち情報も満載。もちろん2018年1月に移行したAcademy for Adsにも対応!

Google AdWords認定資格のコツ ~ 固有の単語は覚えてしまいましょう ~

f:id:uramotokenji:20180405123354j:plain

Google AdWords認定資格のコツの1つとして、固有の単語は覚えてしまいまうことも、とても重要なことです。

 

単語なんか覚えたくない!頭に入らない!という方もいると思いますが、語学勉強と同じで、単語を知らないと、そもそも前に進まないというのがGoogle AdWords認定資格では起こりえます。

 

カタカナアレルギーの解消と重複してしまう部分もありますが、「アピール」や「メリット」のような一般的で比較的平易な英単語もありますが、「コンバージョン」や「トラッキング」「アトリビューション」などはGoogle AdWordsとは関係なく、他のインターネット広告でも頻繁に出てくる広告用語だったりしますね。

 

また「ランディングページ」や「レスポンシブデザイン」などは広告と直接的に関連性が高くはありませんが、WEB制作と深く関わっている部分ですので、広告以外の単語も大事ですね。

 

一般的な英単語も大事だし、広告関連のカタカナだけではなく、ウェブ制作の単語知識も必要なの?って思われるかもしれません。しかし、現状で高い広告効果を出していくには、単にネット広告に対する知見だけではなく、それに関連する知識が必要になってきます。

 

また近年、Googleアドワーズの運用に関連する基本的な知識だけではなく、その周辺に関連する知見が問われる問題も増える傾向にあります。なかなか大変ですが、知識として増やしていかないと、Google AdWords認定資格取得は難しくなってきていると言わざるをえません。

 

Googleがプロと認めてくれる資格が「Google AdWords認定資格」なのですから、弱音は吐かずに取り組みましょう!

 

また、それだけではなく、Google特有の言い回しもあります。「ディープリンク」や「プログレッシブウェブアプリ」などは覚えてしまうしか方法がありませんね。

 

これらは、基本的には用語解説のページがありますので、固有の単語は確認しておきましょう。その後に、Google AdWords認定資格のGoogle Partners ヘルプセンターで学習ガイドがありますので、そちらを見て、徐々に慣れていくことが重要だと思います。

 

どうしても意味がわからない場合は単語集で確認してから、学習ガイドを読み込んでいけば、自ずと、理解が深まっていくと思います。これは語学学習と同じで、やはり単語は覚えてしまわないといけないでしょうね。

 

冒頭に書きましたが、大事なことなので復唱になってしまいますが、知らないと答えられないこともGoogle AdWords認定資格では多々ありますので、要注意です。

 

▼参考リンク

用語集 - AdWords ヘルプ

support.google.com