Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格を徹底攻略!

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の問答集。試験問題の設問と解答例を掲載中。Googleアドワーズの資格合格に向けたお役立ち情報も満載。もちろん2018年1月に移行したAcademy for Adsにも対応!

Google AdWords認定資格のコツ ~ 受験テクニックを生かそう ~

f:id:uramotokenji:20180405133824j:plain

Google AdWords認定資格のコツの1つとして、受験テクニックを生かすことも大事です。「受験テクニック」でGoogle AdWords認定資格を取得するのはどうなの?という考えには個人的には同意です。

 

Googleとして、きちんと設問に対する回答を公開していないのは、やはり、きちんと理解しているかどうか?それを確認した上で合格認定したいという意図の表れだと思います。その意図に反する受験テクニックで乗り切るのは良くないことでしょう。

 

しかし、現実問題として、日々業務に追われ、1年に1回必ず訪れるGoogleの公式代理店の資格も維持しなければならない立場としては、受験テクニックを使ってでも、規定の正解率を目指していくことは仕方ない側面もあります。

 

このサイトでGoogle AdWords認定資格のコツを書いてみたいと思ったのは、理想と現実のはざまにいる方々に有益な情報を共有してみたいという想いからです。

 

さて、「受験テクニック」とは何か?ということですが、あくまでも一般的な話になってしまいますが、やはり消去法になりますね。「えっ?そんなこと」と思われる方もいるとは思いますが、やはりテクニックとしては有効です。

 

ある設問では、機能について正しい機能名について問われることがあります。これであれば、単純に機能名を知っていれば回答することができます。存在しない機能名は速攻で消去法で解決しますね。

 

また、ある設問では、「○○だけ」のような、限定的で断定的な表現が使われることがあります。これも極端だと判断できる場合は、回答としては消去していいと思います。その他、計算問題もあります。これも消去法で解決できる設問の1つだと思います。

 

一般的な消去法という受験テクニックが通用するGoogle AdWords認定資格ですが、英語からの直訳のため、「無料リスティング」など、意味が分からないものが正解だったりすることもあります。(AdWordsの試験で初めて「無料リスティング」という文字列を見た衝撃は今でも忘れません。え?無料でリスティングができるの?それ何?って思いましたし。厳密には「無料リスティング」はGoogle固有の単語として覚えてしまうしかないですね。)

 

日本語として意味がおかしいものを消去法としてしまうと、そもそも回答が存在しなくなることがあるのが、Google AdWords認定資格の難しい部分でもあります。日本語として、おかしいか?どうか?を基準に消去法を使うと正答率が下がるかもしれませんので要注意ですね。

 

消去法は一般的な受験テクニックですが、その有用性はGoogle AdWords認定資格でも同じです。設問の分かりにくさにも由来しますが、消去法で正解を導くことも、場合によってはアリかもしれませんね。

 

でも、本来はきちんと設問と回答を理解することをオススメしますね。

 

▼参考リンク

www.google.co.jp

support.google.com

support.google.com