Google広告学園┃GAIQ情報もあります

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】吉田さんが経営する手芸店は、地域密着型ビジネスで来店数や実店舗での売り上げなどを重視しています。こうした目標を達成するにはGoogle広告で特定のキャンペーンタイプが有効です。吉田さんのオフラインビジネスの目標を達成するために役立つキャンペーンタイプはどれが最適でしょうか?

f:id:uramotokenji:20210501085900p:plain


【演習問題】吉田さんが経営する手芸店は、地域密着型ビジネスで来店数や実店舗での売り上げなどを重視しています。こうした目標を達成するにはGoogle広告で特定のキャンペーンタイプが有効です。吉田さんのオフラインビジネスの目標を達成するために役立つキャンペーンタイプはどれが最適でしょうか?

 

【解答】

★ローカルキャンペーン

ファインドキャンペーン

キーワードキャンペーン

動画広告キャンペーン

 

 

【解説】

地域密着型のビジネスで最も最適なキャンペーンを選択できるか?を確認する設問となります。

 

ローカルキャンペーンについてはGoogle広告のヘルプで以下の記載があります。

 

ローカル キャンペーンについて

ローカル キャンペーンの目的は、ユーザーがいつどのように店舗を訪問するかを決める際に必要な情報をビジネスが提供できるようにすることです。ローカル キャンペーンでは、広告掲載のプロセスが効率化され、Google 検索ネットワーク、マップ、YouTube、Google ディスプレイ ネットワークといった最大規模の Google サービスで店舗を簡単に宣伝できます。数行の広告文、予算、いくつかのアセットを設定すれば、それ以降はターゲット ユーザーにリーチできるようにキャンペーンが自動的に最適化されます。

 

またファインドキャンペーンについてはGoogle広告のヘルプで以下の記載があります。

 

ファインド キャンペーンについて

ファインド キャンペーンでは、Google フィード全体で最大 29 億人のユーザーにアプローチすることで、Google 広告における成果目標の達成を目指します。
このキャンペーン タイプでは、Google のオーディエンスとユーザーの意向シグナルに基づき、お客様のブランドを知った場合に利用する可能性の高いユーザーを対象に、視覚と気持ちに訴えるカスタマイズされた広告エクスペリエンスを 1 つの Google 広告キャンペーンで提供することができます。

 

ファインドキャンペーンはYouTubeやGmail、Discoverなど非常に多くのGoogleサービスの利用者に対して広告できますが、ブランディング要素が強いです。またキーワードキャンペーンや動画広告キャンペーンも一般的なGoogle広告ですが、地域密着型のビジネスもといローカルビジネスに対してのベストプラクティスか?と問われるとローカルキャンペーンの方が良いと考えるのが自然でしょう。

 

今回の設問は実はGoogle公式の演習でも触れられていないため、結構イジ悪な印象もありますが、知っておいて損はないキャンペーンだと思いますね!

 

▼参考リンク

support.google.com

support.google.com