Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】広告主が広告の表示回数を優先するGoogle広告を選択したい場合には、どのような入札戦略を選べばいいのでしょうか?

【演習問題】広告主が広告の表示回数を優先するGoogle広告を選択したい場合には、どのような入札戦略を選べばいいのでしょうか?

 

【解答】

コンバージョン数の最大化

目標インプレッションシェア

クリック数の最大化

目標コンバージョン単価

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告のさまざまな自動入札戦略について、きちんと理解しているかどうか?を確認する設問となります。自動入札戦略はいくつかありますので、広告戦略に合致したものを選んで配信設定することが重要となります。

 

Google広告のヘルプページでパフォーマンスプランナーについて以下のような記載があります。

 

目標インプレッション シェアでは、Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価が設定されます。

目標インプレッション シェアは検索ネットワークでのみ利用でき、1 つのキャンペーンの標準戦略として使用することも、複数のキャンペーンにまたがるポートフォリオ入札戦略として使用することもできます。

  

目標インプレッションシェアに入札戦略を設定することで、広告の表示回数を優先することが可能となります。よって正解は「目標インプレッションシェア」が正解になります。

 

コンバージョン重視やクリック重視など、様々な入札戦略があります。しっかりと理解して、広告主の広告戦略に応じて使い分けることが非常に重要です。

 

▼参考リンク

support.google.com

support.google.com