Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】アフィニティカテゴリとキーワードによるターゲティングを掛け合わせたキャンペーンを設定すると、どのような広告配信が可能となりますか?

【演習問題】アフィニティカテゴリとキーワードによるターゲティングを掛け合わせたキャンペーンを設定すると、どのような広告配信が可能となりますか?

 

 

【解答】

購買意欲が高い人に広告配信が可能となる。

広告主のサービスや商品に興味関心が高いユーザーに絞って広告配信が可能となる。

年齢や性別などのユーザー属性に応じた広告配信が可能となる。

ランダムで新規ユーザーを開拓することが可能となる。

 

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告のオーディエンスターゲティングについて、きちんと意味を理解しているかどうか?を確認する設問となります。オーディエンスターゲティングについては購買意向が高いユーザーなどGoogle独特の言い回しも多くて分かりにくいのですが、理解してしまうしかないでしょう!

 

Google広告のヘルプページでオーディエンスターゲティングについて以下のような記載があります。

 

アフィニティ、カスタム アフィニティ: ユーザーの興味や関心、習慣
カスタム インテント、購買意向: ユーザーが積極的に調べたり計画したりしていること
リマーケティング: ユーザーがお客様のビジネスを利用した方法
類似ユーザー: ウェブサイトやアプリのユーザーと同様の関心を持つ新規ユーザー

  

アフィニティカテゴリについては「興味や関心、習慣」にフォーカスを当てているので正解は「広告主のサービスや商品に興味関心が高いユーザーに絞って広告配信が可能となる。」が正解になります。

 

オーディエンスターゲティングは適切な設定を選ばないと、うまく広告が届けたい人に絞って配信することができない場合もあります。キッチリと理解して、広告主の狙いたいターゲット層に広告配信できるように設定することが大事ですね!

 

▼参考リンク

support.google.com