Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):113】マルチチャネル レポートで、デフォルトのコンバージョンに対する貢献度はどのように配分されますか。

マルチチャネル レポートで、デフォルトのコンバージョンに対する貢献度はどのように配分されますか。

 

★コンバージョンまでの全タッチポイントに均等配分
最後から 2 番目のキャンペーン、検索、または広告に配分
最後のキャンペーン、検索、または広告に配分
最初のキャンペーン、検索、または広告に配分

 

◆解説◆ 

Googleアナリティクスヘルプでは以下の記載があります。

 

以下、原文ママ

コンバージョン経路データは Google アナリティクスに記録された各コンバージョンおよび e コマースのトランザクションごとに作成されます。そのため、マルチチャネル レポートに表示されるコンバージョン数やトランザクション数は、Google アナリティクスの他のレポートに表示されるコンバージョン数やトランザクション数と一致します。 

 

また以下のような記載もありますね。

 

「アシスト コンバージョン / ラストクリックまたは直接のコンバージョン」は、あるチャネルがアシストの役割を果たしたコンバージョン数を、そのチャネルが終点となったコンバージョン数で割った比率です。チャネルが 1 つのコンバージョン経路で複数回アシストした場合、アシスト コンバージョンとして比率に算入されるのは 1 回のコンバージョンのみです。

アシスト コンバージョンはチャネル間の排他性はありません。1 つのコンバージョン経路でアシストしたチャネルが 2 つある場合は、両方のチャネルがアシスト コンバージョンとして評価されます。そのため、個々のチャネルでカウントされたアシスト コンバージョン数を合計すると、すべてのチャネルのアシスト コンバージョンの総数よりも大きくなる場合があります。 

 

よって、「最初」「最後」「最後から2番目」などの指定はなく、均等に貢献度が算出されると考えるのが最も自然なので正解は「コンバージョンまでの全タッチポイントに均等配分」となりますね。

 

▼参考リンク

www.youtube.com

support.google.com

support.google.com