Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】あなたはGoogle広告で自動入札を活用するメリットを上司に説明する必要があります。自動入札のメリットを説明してください。

f:id:uramotokenji:20210402233131j:plain

 


【演習問題】あなたはGoogle広告で自動入札を活用するメリットを上司に説明する必要があります。自動入札のメリットを説明してください。

 

【解答】

機械学習で成果が出せます!

➡機械学習によってオークションごとに適切な入札単価を設定するので手動による入札より高い成果が出せます。

 

時間の短縮につながります!

➡多くの手動作業を自動化することができるので負担を軽減することができます。

 

豊富なシグナルとクロス分析が重要です。

➡様々な要素を徹底的に活用することで有意な相互作用を見つけ出し、適切な調整を行うことによって利用者の購入意向を高く評価することができます。

 

オークションごとの自動入札機能が可能です。

➡オークションごとに様々な要素を使用することで、利用者の検索意図に合致した文脈に合わせて入札単価を調整することができます。

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告での自動入札機能の内容について正しく説明することが可能か?を確認する設問となります。

 

Googleスキルショップの「1. 自動入札とは」という項目内の「Google広告の自動入札機能」についての解説で以下の記載があります。こちらの内容と同じ意味であるものを選択すれば間違いはありません。

 

機械学習

自動入札では機械学習を使用して、アルゴリズムによってオークションごとに適切な入札単価を設定します。これにより手間をかけず、推測に頼ることもなく入札単価を設定でき、より高い精度で効率的にパフォーマンス目標を達成できます。

 

時間の短縮

オーディエンス データとコンテキストを参照することで購入意向を把握して適切な入札単価を設定するのは、複雑で時間のかかる作業です。ここに自動化を導入することで、マーケティング リソースにかかる負荷を軽減できます。

 

オークションごとの入札

Google の独自の入札アルゴリズムは、オークションごとに関連するシグナルを使用し、ユーザー固有のコンテキストに合わせて入札単価を調整します。各オークションがコンバージョンに至る可能性に基づいて、高い精度で入札単価を差別化します。

 

豊富なシグナルとクロス分析

Google のアルゴリズムは、さまざまなシグナルを統合し、新たなシグナルも加味してユーザーの購入意向を評価します。また、常に新しいシグナルを検討しながら、シグナル間の有意な相互作用を認識してそれに合わせた調整を行うことによって、従来よりも一歩進んだシグナル分析が可能です。

 

 

このように単純な暗記問題が出てくる可能性もあります。そういう意味では学習問題をキチンと意味を理解するまで取り組む必要がありますね! 

 

▼参考リンク

support.google.com