Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):018】佐々木さんは人気の美容師で、新たにもう 1 店舗、美容院を開くことを決めました。まだインターネット上での拠点を持っていませんが、ビジネスに役立つだろうと考えています。彼のビジネスの目標のうち、インターネット上の拠点を持つことで達成しやすくなるものはどれでしょうか?あてはまるものをすべて選択してください。

佐々木さんは人気の美容師で、新たにもう 1 店舗、美容院を開くことを決めました。まだインターネット上での拠点を持っていませんが、ビジネスに役立つだろうと考えています。彼のビジネスの目標のうち、インターネット上の拠点を持つことで達成しやすくなるものはどれでしょうか?あてはまるものをすべて選択してください。

 
★新規のお客様を引きつける
★お客様の声を集める
新しいヘアカラー製品を調達する
★営業時間の延長を告知する

 

■オンラインで成功するための第 1 歩

 

1. オンラインでの目標

 

以下、解説を引用します。 

インターネット上にビジネスの拠点を作ることで、美容院にお客様を呼び込み、口コミを集め、営業時間の延長についても周知できるようになります。インターネット上で目立つことは、必ずしも新商品の購入の増加につながるわけではありません。

 

インターネット上で目立つことは、必ずしも新商品の購入の増加につながるわけではありませんという予防線を張っていますが、ネットは販促の魔法と勘違いして過剰な期待をされている場合が少なくないので、妥当な線ですね。

 

ただし、ここまでインターネットが普及してくると、ネット広告に限らず、新規のお客様を引きつけることは、ブログやソーシャルメディアなども含めて多種多様な手法で可能になってきています。

 

また良くも悪くも口コミサイトもインターネットサービスでは人気ですので、お客様の声を集めるも妥当な線でしょうね。

 

なお営業時間の延長を告知するというのは判断が難しい部分もありますが、お店の前に掲示するよりは多くの人に24時間365日、告知できることは利点と言えるでしょう。

 

ちなみに新しいヘアカラー製品を調達することも一昔前と比較するとインターネットで注文できるようになっているとは思いますが、インターネット上の拠点を持つこととは直接的な関連性がないので、除外ですね、コレは。