Google広告学園┃GAIQ情報もあります

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

GAIQ


【演習問題】橋本さんは家電メーカーのマーケティング担当者です。最近、Google検索広告のマーケティング目標に「見込み顧客」を選択しました。橋本さんは「見込み顧客」で広告出稿することで、どのようなマーケティング成果を達成したいと考えているのでしょうか?

家電メーカーのマーケティング担当者

 

【演習問題】橋本さんは家電メーカーのマーケティング担当者です。最近、Google検索広告のマーケティング目標に「見込み顧客」を選択しました。橋本さんは「見込み顧客」で広告出稿することで、どのようなマーケティング成果を達成したいと考えているのでしょうか?

 

ビジネスモデルを説明する動画を宣伝する。

ウェブサイトを閲覧する人を増やす。

顧客による家電の購入を促進する。

★見込み顧客のメールマガジンの登録者数を増やす。

 

【解説】

Google検索広告のマーケティング目標について内容をキチンと理解しているか?を確認する設問となります。

 

Google広告のヘルプのGoogle 広告のキャンペーン目標についての項目で以下の記載があります。 

 

目標:見込み顧客の獲得

用途:関連性の高いユーザーに、ニュースレターの配信登録や連絡先情報の提供などを通じて関心を示すよう促す

該当する機能:コンバージョン プロセスの起点となる機能。例: オーディエンス ターゲティング、広告表示オプション、Google と提携するサイト / 動画 / アプリをユーザーが閲覧するタイミングを捉えて表示する広告。

 

ニュースレターの配信登録や連絡先情報の獲得が見込み顧客の獲得になると用途で明記されていますので、迷わず「見込み顧客のメールマガジンの登録者数を増やす。」で問題ないと思いますね。

 

ちなみに顧客による家電の購入を促進する。は既存顧客ということが明確なので見込み顧客ではないのは確実です。

 

それ以外の選択肢でも見込み顧客も内包しているので間違いではないと思いますが、最も適切な回答としては家電がに関心があるユーザーに対して何らかのアクションを促すようにすることがマーケティング目標に「見込み顧客」を選択した理由と解釈するのが正しいでしょう!

 

なお回答に見込み顧客という文言があるものを迷わず選択しても良いのですが、念のため根拠なく一般論で解答するのでは説得力がないのでGoogle広告で明記されている根拠を引用して解説しました。

 

日本ではメルマガは営業色が強いのでニュースレターはあまりマーケティングとしては普及していない印象があります。どちらかというとコンテンツマーケティングがニュースレターに近いイメージだと思います。また最近では有益なコンテンツを提供するという意味では動画コンテンツに取り組む事例も増えていますね!

 

▼参考リンク

support.google.com

skillshop.exceedlms.com