Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):179】ウェブサイトの閲覧で問題が発生した可能性があるブラウザを特定できるレポートはどれですか。

ウェブサイトの閲覧で問題が発生した可能性があるブラウザを特定できるレポートはどれですか。

 

★ブラウザと OS レポート
アクティブ ユーザー レポート
新規とリピーター レポート
参照元 / メディア レポート

 

◆解説◆

過去問と回答は変化はないですし、設問も以下のように、言い回しが変わっていますが、本質的なブラウザに関するデータを閲覧できるレポートを回答させているので、同一問題と言っても過言ではないでしょう。

 

過去設問:ウェブサイトで問題が発生したブラウザを特定するのに役立つレポートは次のうちどれですか。

 

新規設問:ウェブサイトの閲覧で問題が発生した可能性があるブラウザを特定できるレポートはどれですか。

 

設問は過去問より今回の方が「問題が発生した可能性がある」ということで断言していない点は改善された印象ですね。

 

さて、回答についての詳細は以下の参考リンクの過去問を参照して頂く形となってしまいますが、「ブラウザと OS レポート」が正解となります。

 

「新規とリピーターレポート」や「参照元 / メディアレポート」と比較して、個人的には閲覧頻度が低いレポートではありますが、特定のブラウザで閲覧時間(滞在時間)が極端に短いなどの場合には何らかの問題が発生している可能性があると言えますね。

 

 

▼参考リンク

www.adwords-exam.info

support.google.com