Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】島田さんは、美容院を経営しています。予約が可能になるウェブサイトを設立して、インターネット広告で宣伝しようと考えています。他の美容院などを探しているユーザーに対してネット広告を表示して流入を促そうと宣伝戦略を検討しています。見込み顧客に島田さんの美容院を知ってもらい、カットの予約してもらうためには、次のどの Google広告キャンペーンを活用するといいでしょうか?

【演習問題】島田さんは、美容院を経営しています。予約が可能になるウェブサイトを設立して、インターネット広告で宣伝しようと考えています。他の美容院などを探しているユーザーに対してネット広告を表示して流入を促そうと宣伝戦略を検討しています。見込み顧客に島田さんの美容院を知ってもらい、カットの予約してもらうためには、次のどの Google広告を活用するといいでしょうか?

 

【解答】

検索広告

ディスプレイ広告

動画広告

ショッピング広告

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告を広告主に最適なものを選ぶことができるのか?を確認する設問となります。

 

Google広告のヘルプページで以下のような記載があります。

 

Google 検索ネットワーク上で検索結果ページに広告を掲載する場合は、キーワードを指定して広告の掲載対象に設定します。広告はこのキーワードと関連する語句を検索したユーザーに表示されます。1 日の特定の時間帯に広告を表示したり、地域や言語を指定して広告を表示することもできます。

  

今回の例では美容院を検索しているユーザーに対して、検索連動型広告でアプローチするのが最適と考えられます。よって正解は「検索広告」となります。

 

演習問題のように、広告主に最適な広告形態を問う設問は、頻出問題と言っても過言ではないので、きちんと各広告の特徴を理解しておきましょう!

 

▼参考リンク

support.google.com