Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google 広告動画:003】次に制作する TrueView インストリーム広告で、18~25 歳の年齢層に対してブランド認知度を高めることを主な目標としています。ブランドの魅力を伝えるために、動画広告にどのようなものを織り込めばよいでしょうか。

次に制作する TrueView インストリーム広告で、18~25 歳の年齢層に対してブランド認知度を高めることを主な目標としています。ブランドの魅力を伝えるために、動画広告にどのようなものを織り込めばよいでしょうか。

 

★ユーモアを取り入れる
アニメーションを取り入れる
YouTube クリエイターとコラボレーションする
音楽を追加する

 

◆解説◆

Google広告のヘルプに以下の記載があります。

どのカテゴリでも、ユーモアがあると広告想起率とブランド認知が高まります。たとえば、Mucinex の「Sinus-Max」の広告をご覧ください。ユーモアがブランドにそぐわない場合は、「サスペンス調」や「感動的」といった雰囲気を打ち出すのもおすすめです。

 

上記からユーモアを取り入れるが正解になるのですが、以下の記載も気になります。

 

クローズアップ、有名人、または鮮やかな背景から始めて興味を引く。これにより通常、視聴率とブランド効果が高まります。YouTube 広告で商品デモ、お客様の声、実話を取り上げるのもよいでしょう。 

 

回答で該当するのは有名人の部分が「YouTube クリエイターとコラボレーションする」とも捉えることができます。ただし、ブランド認知度を高めるという設問に照らし合わせると、「視聴率とブランド効果」ではないので、やや弱いかな?と思う部分もあります。

 

ちなみに「アニメーションを取り入れる」や「音楽を追加する」も悪いことではないのですが、正解を1つ選ぶという意味ではユーモアを取り入れるが選択肢としては正解になると思われます。

 

ユーモアがブランド認知度向上?ホンマかいな?というツッコミは勘弁してくださいね!(苦笑)

 

▼参考リンク

support.google.com