Google広告学園┃GAIQ情報もあります

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】Google広告では関連性・管理性・成果という3つの原則に沿って構成されていますが、どのように管理という機能を提供しているでしょうか?

f:id:uramotokenji:20210327072325j:plain


【演習問題】Google広告では関連性・管理性・成果という3つの原則に沿って構成されていますが、どのように管理という機能を提供しているでしょうか?

 

【解答】

★広告主が自身でお支払い上限額を管理できるようになること。
競合相手の入札金額を都合よく管理できるようになること。

参加するオークションで圧倒的に有利になるように管理すること。

決まりきった機械的なシステムで利便性が高く管理すること。

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告での管理性の内容について正しく理解しているか?を確認する設問となります。

 

Googleスキルショップの「1. Google 広告について」という項目内にて以下の記載があります。

 

管理性

Google 広告では予算を自由に管理でき、どのくらいの費用を使うかを 1 か月単位、1 日単位、広告単位で選択できます。お客様の設定に基づき、表示される広告がオークションによって瞬時に判断されます。戦略を変更することになった場合の、広告や予算の調整、キャンペーンの一時停止や再開といった操作も簡単です。 

 

またGoogle広告のヘルプでも以下の記載があります。

 

最低使用料もなく、独自の予算を自由に設定して管理できます。広告の掲載場所を指定できるほか、無理のない予算を設定したり、広告の成果を簡単に測定したりできます。

 

Google広告の特徴は自身で予算を決められる点につきます。大げさではなく1円からでも出稿できます。そのためGoogle広告は中小企業や個人でも少額で手軽に出稿ができるという点が大きなメリットとなります。この点が枠売りのTVや紙媒体といったマスメディア系の他の広告とは大きく違う特徴の1つと言えるでしょうね!(※最近は運用型TVCMなども急成長しているのでTVCMが枠売りだとは断言できない状況にもなってきていますが…)

 

よって正解は「広告主が自身でお支払い上限額を管理できるようになること。」となります。

 

Google広告の管理性は予算管理のしやすさと覚えておきましょう!

 

 

▼参考リンク

support.google.com

markezine.jp