Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】Googleのパフォーマンスプランナーを使うと何ができますか?

【演習問題】Googleのパフォーマンスプランナーを使うと何ができますか?

 

【解答】

目標コンバージョン単価(CPA)を指標としてコンバージョン数を増やすこと

地域や国などの単位でのコンバージョン数の増加を予測すること

ライバル会社のコンバージョン数が推測できること

コンバージョンにつながりやすいキーワードを発掘すること

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告のパフォーマンスプランナーについて知見を確認する設問となります。パフォーマンスプランナーは2019年の新機能となりますので、是非押さえておきましょう!

 

Google広告のヘルプページでパフォーマンスプランナーについて以下のような記載があります。

 

また、プランナーを使用してさまざまな費用をクリックして他の調整内容(支出額や CPA を変えるなど)を試して、コンバージョンに生じる変更を確認することもできます。たとえば、CPA が 1,200 円と 2,000 円の場合に獲得できるコンバージョン数の差を確認できます。

  

目標CPAを調整することでコンバージョンの増減を予測することがパフォーマンスプランナーでは可能なことが明確です。よって正解は「目標コンバージョン単価(CPA)を指標としてコンバージョン数を増やすこと」が正解になります。

 

▼参考リンク

support.google.com

support.google.com