Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google 広告動画:007】購入意向に基づいて人々とつながるためには、何を利用すればよいですか。

購入意向に基づいて人々とつながるためには、何を利用すればよいですか。

 

★購買意向の強いユーザー層
類似ユーザー
カスタム アフィニティ カテゴリ
カスタマー マッチ

 

◆解説◆

Google広告のヘルプに以下の記載があります。

動画

アフィニティ、カスタム アフィニティ: ユーザーの興味や関心、習慣
カスタム インテント、ライフイベント、購買意向: ユーザーが積極的に調べたり計画したりしていること
リマーケティング: ユーザーがお客様のビジネスを利用した方法
カスタマー マッチ: 顧客の行動に関する情報
類似ユーザー: サイト訪問者と同様の関心を持つ新規ユーザー

厳密には正解の「購買意向の強いユーザー層」の記載がありませんが、購買意向と購入意向は同義と考えても差しつかえないと思います。

 

ちなみに、「類似ユーザー」は既存のリマーケティングリストのユーザーと同じ特徴を持つユーザーに対して広告出稿ができます。

 

また「カスタマーマッチ」はメールアドレスなどの広告主が保持する顧客情報のデータを活用して、当該する顧客や類似顧客に対して広告出稿ができます。

 

さらに「カスタムアフィニティカテゴリ」は通常の旅行好きなどのアフィニィカテゴリより細かな興味関心をキーワードやURLで絞り込むことが可能です。例えば、旅行好きではなくタイ旅行など細分化すれば、より的確な広告配信が可能になることは容易に想像ができると思いますね!

 

▼参考リンク

support.google.com