Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google 広告動画:042】Google がマーケティング担当者とターゲット ユーザーをつなげるために使用している 3 種類のデータは何ですか。

Google がマーケティング担当者とターゲット ユーザーをつなげるために使用している 3 種類のデータは何ですか。

 

★ユーザー属性、購入意向、申告
申告、ソーシャル、オフライン
情熱、購入意向、カスタマイズ
申告、一致、ユーザー属性

 

◆解説◆

まずはGoogle広告の解説を読みましょう。

 

ユーザー属性 - 年齢、性別、子供の有無などのユーザー属性を選んで、特定のユーザー層に広告を表示できます。

 

上記の記載があるので、ユーザー属性を含むものが正解なので「ユーザー属性、購入意向、申告」または「申告、一致、ユーザー属性」が正解となりますね。

 

またGoogle広告の解説では以下の記載もありますね!

 

購買意向の強いユーザー層 - 積極的にリサーチをしており商品の購入を検討しているユーザーに広告を表示することで、質の高いトラフィックを呼び込むことができます。

 

よって、購入意向とユーザー属性が含まれている「ユーザー属性、購入意向、申告」が正解となります。

 

主観が入りますが、申告についての具体的な記載がないのですが、Googleの個人アカウントであれば、Googleアカウントのヘルプに以下の記載があるので、その内容が申告に該当するのではないか?と推測します。

 

表示される広告の管理
表示される広告の利便性を高めたり、より関連性の高い広告が表示されるようにしたりできます。Google 広告は次のような場所に表示されます。

 

もちろんGoogleアカウントでは、年齢性別や使用言語の設定もできますので、それらを申告としてターゲティング広告でGoogleが活用していると判断するのが適当でしょうね。

 

▼参考リンク

www.ja.advertisercommunity.com

support.google.com