Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):033】マルチチャネル レポートでは、コンバージョンや e コマース トランザクションはユーザーが最後に参照したキャンペーン、検索、広告に起因すると見なされる。

マルチチャネル レポートでは、コンバージョンや e コマース トランザクションはユーザーが最後に参照したキャンペーン、検索、広告に起因すると見なされる。

 

正しい
★誤り

 

◆解説◆

Googleアナリティクスのヘルプに以下のように書かれています。

 

以下、原文ママ

アナリティクスでは、コンバージョンや e コマース トランザクションは、ユーザーがコンバージョンを達成したときに参照した最後のキャンペーン、検索、広告に起因するとみなされます。しかし、それより前のウェブサイトの参照、検索、広告は、そのコンバージョンでどのような役割を果たしているでしょうか。ユーザーが最初に関心を持ってから購入するまでにどのぐらいの時間が経過したのでしょうか。

マルチチャネル レポートは、販売やコンバージョンに至るまでのマーケティング チャネル(ウェブサイトまでの経路の参照元)を示すことで、こうした疑問に答えるものです。

コンバージョン(獲得)の経路が最後に参照したキャンペーン、検索、広告に起因すると見なされてしまうことに対して疑問を呈しており、その疑問に対して本当はどうなのか?を可視化するのがマルチチャネルレポートということになりますね。

 

そのため、正解は「誤り」ですね。

 

Google Analyticsのマルチチャネルレポートでコンバージョン(獲得)につながった最終経路ではなく、顧客との最初の接点を知ることで、本来注力すべき部分を戦略的に探ることが可能になりますね!

 

▼参考リンク

support.google.com