Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):032】三田さんは 3 年前からプロテイン シェイク会社を経営しています。同社の商品は多数のジムで販売されていますが、この数か月、業績が思わしくありません。そこで、オンライン市場に参入し、商品の売上を増やそうと考えています。オンライン市場にビジネス チャンスを見出し、成功するにはどうすればよいでしょうか?

三田さんは 3 年前からプロテイン シェイク会社を経営しています。同社の商品は多数のジムで販売されていますが、この数か月、業績が思わしくありません。そこで、オンライン市場に参入し、商品の売上を増やそうと考えています。オンライン市場にビジネス チャンスを見出し、成功するにはどうすればよいでしょうか?

 

適切なキーワードを 1 つまたは複数選択し「解答する」をクリックしてください。


ファイナンシャル プランナーに相談する
★独自のセールス ポイントを明確にする
新しい国へ出荷する
★SWOT 分析を行う
仕入れ業者にフィードバック フォームを配布する
★競合他社のウェブサイトを調べる

 

■オンライン ビジネス戦略の策定

 

4. 競合相手と差別化する方法

 

以下、解説を引用します。 

オンラインでの新規顧客の獲得に役立つのは、三田さんの会社ならではのセールス ポイントです。競争の激しいオンライン市場で成功するには、他社にはない強みをアピールする必要があります。また、競合他社の動向を調べ、何が成功して、何が失敗しているかを知ることも重要です。これにより、市場を大局的に観察してビジネス チャンスを見出し、自社を成長させるための戦略を立てることができます。SWOT 分析を実行することで、自社の成長につながるビジネス チャンスを特定できると同時に、改善すべき弱みも明らかになります。

 

解説にあるように、「独自のセールス ポイントを明確にする」が一番大事だと思います。

 

ちなみに「SWOT 分析を行う」SWOT分析とは強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)」の頭文字から命名されたものですから、回答としては、独自のセールスポイントを明確にすると被っていますね。

 

「競合他社のウェブサイトを調べる」こと自体は当たり前といえば当たり前ですが、競合調査の重要性は強く認識しておいて間違いないと思いますよ!

 

なお「ファイナンシャルプランナーに相談する」というものはファイナンシャルプランナー自体が法人向けというよりは、個人向けの人生の資金計画を立てるプロなので、ビジネス向けの販売計画などには向いている内容ではありませんね。

 

また「新しい国へ出荷する」こと自体はビジネスという側面では、誤りではありませんが、他にすべきことはあると思います。(完全に主観的な意見ですが…)

 

なお、「仕入れ業者にフィードバック フォームを配布する」のフィードバックフォームの意味合いが分かりにくいですが、フィードバックをもらうためと考えると、ご意見箱の設置のようなものでしょうか?

 

仕入れ業者の意見を採り入れること自体は悪くはないと思いますが、新しい国へ出荷すると同じ感じで最適とは言いにくい施策でしょう、コレは。

 

ビジネスの場面では「己を知り敵を知れば百戦危うからず」という格言が当てはまるということでしょうね!