Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):025】中村さんは、自身のケーキ屋さんのウェブサイトに掲載する、お店の紹介ページを作成しています。どの文章が最も良いと思いますか?

中村さんは、自身のケーキ屋さんのウェブサイトに掲載する、お店の紹介ページを作成しています。どの文章が最も良いと思いますか?

 

スイーツナカムラ
お店の紹介


★ケーキは好きですか?スイーツナカムラでは、おいしいケーキを毎日お店で作っています。
当店の企業理念は地域社会への貢献です。持続可能な社会を築き、地域コミュニティへの関係性を護るために地元産の素材のみを使用しております。
当店は、この町で1番のケーキ屋さんです。それ以外に言うことはありません。

 

■ウェブサイトの活用

 

4. ウェブサイトをビジネスに活かす方法

 

以下、解説を引用します。 

彼女のビジネスはケーキ屋さんなので、親しみやすい言い回しが適しており、提供している商品について話す必要があります。

2 つ目の選択肢では、専門用語を使いすぎています。 企業理念を提示するのは、IT 系のベンチャー企業には有効ですが、ケーキ屋さんの場合は不適当です。 また、この説明文では、この店がケーキ屋さんであることには言及していません。

3 つ目の選択肢は、横柄で自信過剰な印象を与えます。 お客様の要望をいかに満たせるかを説明するというよりも、営業文句のようになってしまいます。

 

解説にあるように「地域社会への貢献」についての語りは固いというのもありますが、地元産を使っているとはいえ、何の商品を販売しているのか不明なので最適とは言えませんね。

 

また3つ目も横柄というのもありますが、一般的な文章としても好まれるものではないでしょう。

 

 

 

端的でもキチンとお店のことを誠意を持って伝える文章が大事ですね。