Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Partners オンライン広告理解度テスト(セールス向け):008】新規クライアントに自己紹介する場合に伝えるべき重要な情報は、次のうちどれですか。

新規クライアントに自己紹介する場合に伝えるべき重要な情報は、次のうちどれですか。


回答
名前と、クライアントに特に有益だと思われるサービス
名前と、AdWords を簡単に紹介する 15 分程度のサマリー
★名前、役職、クライアントと同業種の企業を支援した経験
名前のみ

 

◆解説◆

これは独断と偏見で一般論で答えてしまっていい問題だと思いますね。

 

まず、設問になっている以上、「名前のみ」というのは即決で却下でしょうね。

 

次に「名前と、AdWords を簡単に紹介する 15 分程度のサマリー」ですが、悪くはないのですが、そもそも顧客(広告主)である新規クライアントに最適な広告がAdWordsもといGoogle広告とは断言できないので、微妙です。

 

そういう意味では「名前と、クライアントに特に有益だと思われるサービス」が最適な回答な気もします。

 

しかし、新規クライアントは同業種での実績を知りたがることが多いので、4つの回答のうち「名前、役職、クライアントと同業種の企業を支援した経験」が正解と考えるのが妥当です。

 

 

逆に考えると同業種での実績がない場合は類似業種での実績を紹介するなど、提案がしにくいともいえるのですが…

 

また、同業種の実績を公開しているということは、広告主も「実績」として、同業他社に紹介される可能性を暗に示しているので、微妙な設問という気もしますね。

 

▼参考リンク