Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


Google AdWords認定資格(アドワーズ試験)について

 

Google AdWords認定資格(アドワーズ試験)について

さっそくですがGoogle AdWords認定資格(アドワーズ試験)について、概要をまとめてみました。

 

Google AdWordsについて

Google AdWords(アドワーズ広告)とはインターネット広告の1形態で検索エンジンのGoogleで利用者がキーワードを検索された時点で広告を出せるのが魅力です。PPC方式のクリック課金型広告のため、広告がクリックされなければ料金が発生しない広告です。この広告形態が、広告主にウケて、一気に普及して、Googleが世界的な企業となりました。

 

 Google AdWords認定資格について

Googleアドワーズが多くの広告主に普及してくる中で、AdWordsの運用代行を行なうネット広告を専業で扱う広告代理店が乱立してきましたが、参入障壁の低さからその質は玉石混交になってきました。そこでGoogle Partners(グーグルパートナーズ)というGoogle公認の正規代理店制度を立ち上げました。

 

Google公認の正規代理店制度について

Google公認の正規代理店ということで、Google AdWordsでの運用履歴とアドワーズに関する知識を持ったスタッフがいることを条件としています。AdWordsに関する知識を問う試験がGoogle AdWords認定資格ということになります。

 

AdWords 認定資格理解度テストについて

アドワーズ広告の基礎知識と応用力が問われています。その中にはオンライン広告掲載の価値提案やキャンペーンの設定と管理、広告結果の測定、アドワーズ広告の最適化と非常に多岐に渡る設問が出ています。

 

アドワーズ試験の種類について

AdWords 基礎、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告の6つの試験があります。ただしAdWords 基礎に合格しないと、他の試験に受験することはできません。 AdWords 基礎はGoogleアドワーズの基本が詰まった試験ということと、Google公認の正規代理店の最低条件でもあるので、必ず合格する必要性があると言えます。

 

対応言語について

英語(英国、米国)、日本語、中国語(簡体、繁体)、フランス語、ドイツ語、イタリア語など19言語に対応しています。

 

アドワーズ試験対策について

GoogleではAdWordsを使った実務を経験を推奨しています。正規代理店制度の設立用に立ち上げた試験ですから、当然です。ただし、実務経験があっても、アドワーズ試験問題は独特です。Google Partners ヘルプセンターの学習ガイドでの学習をオススメします。なお、私は使いませんでしたが、英語が得意な方はAcademy for Ads オンラインコース内にラーニングパスがあるので、そちらも目を通しておくと良いでしょう。

 

受験時間について

テストの内容によって90分または120分となっています。テストを開始すると、途中で中断することはできません。時間切れにならないように注意しましょう。

 

合格ラインについて

80%以上となっています。

 

AdWords認定資格の再試験について

不合格の場合は1日後に再受験が可能になります。

 

費用について

無料です。

 

受験に必要なものについて

インターネット環境とパソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末。

またAcademy for Ads アカウントが必要なので、Googleのアカウントも必要です。

 

▼参考リンク

support.google.com