Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google 広告動画:040】TrueView 動画広告のユーザー エンゲージメントを促進する方法として、最も適切なものはどれですか。

TrueView 動画広告のユーザー エンゲージメントを促進する方法として、最も適切なものはどれですか。

 

TrueView インストリーム広告と、TrueView ディスカバリー広告の両方を掲載する
各ターゲット グループの入札単価を 100% 引き上げる
★ターゲティングのエンゲージメント率を確認し、視聴完了率の最も高い方法に重点を置く
キャンペーンに除外設定を追加する

 

◆解説◆

まずはGoogle広告の解説を読みましょう。

 

動画広告グループの結果を表示する

動画広告グループについて、指定した期間内のインプレッション数、クリック数、視聴完了率(VTR)、広告視聴単価(CPV)などの指標の全体的な結果を表示するには、[広告グループ] ページを使用します。列ヘッダーのツールチップ アイコン(?)をクリックすると、その指標の具体的な定義が表示されます。

 

動画広告ではインプレッション、クリック、視聴完了率、広告視聴単価など様々な指標がありますね。

 

 

主観が入りますが、PDCAを回して改善していくには「ターゲティングのエンゲージメント率を確認し、視聴完了率の最も高い方法に重点を置く」しかないと思いますね。

 

確かに「キャンペーンに除外設定を追加する」であれば、広告と合わない出稿先を抑制できますが、直接的にユーザーエンゲージメントを促進するには、弱いでしょう。

 

また「各ターゲット グループの入札単価を 100% 引き上げる」はユーザーエンゲージメントを促進するとは無関係ですし、もちろん、「TrueView インストリーム広告と、TrueView ディスカバリー広告の両方を掲載する」も広告設計としては、面を押さえにいくことになるので、重要ですが、エンゲージメントの促進とは関連性が薄いですね。

 

▼参考リンク

support.google.com