Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google広告の基礎:004】以前にウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーにリーチするには、どのターゲティング方法を使用すればよいですか。

以前にウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーにリーチするには、どのターゲティング方法を使用すればよいですか。

 

モバイル端末のターゲット設定
★リマーケティング
年齢や性別によるターゲティング
インタレスト カテゴリ ターゲティング

 

◆解説◆

過去にホームページを閲覧した訪問者限定で広告を見せたい場合はどうすればよいでしょうか?という感じでしょうね。正解は「リマーケティング」ですね。ちなみにYahoo!では「リターゲティング」と呼ぶので注意が必要です。

 

「モバイル端末のターゲット設定」はスマートフォン向けの設定ですし、「年齢や性別によるターゲティング」はそのままでGoogleの判断している年齢や性別で配信対象者を絞ることができますね。また「インタレスト カテゴリ ターゲティング」は興味関心になります。

 

ガチガチで設定する場合は地域×デバイス×年齢・性別×インタレスト、場合によってはプレースメントも掛け合わせることもありますが、ディスプレイ広告の絶対的な配信量が大きく減るので、さじ加減はむずかしいですね。

 

意外と年齢性別が不明の対象者でもCV(獲得)につながることもあるので特段の要望がない限り、広告配信対象者を極端に狭めないことも多いですね。

 

▼参考リンク

support.google.com