Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google広告の基礎:018】クライアントがサイトへのトラフィックの増加を望んでいます。クライアントに達成すべき投資収益率の目標があり、かつ Google 広告でコンバージョン トラッキングをすでに利用している場合、どの単価設定方法を提案しますか。

クライアントがサイトへのトラフィックの増加を望んでいます。クライアントに達成すべき投資収益率の目標があり、かつ Google 広告でコンバージョン トラッキングをすでに利用している場合、どの単価設定方法を提案しますか。

 

1 日の費用(CPD)
★目標広告費用対効果(ROAS)
広告視聴単価(CPV)
視認範囲のインプレッション単価(vCPM)

 

 

◆解説◆ 

実は直接的な言及がないため、推測になります。

 

まず、コンバージョントラッキングが出来る状態について注目です。その上でGoogle広告のヘルプに以下のような記載があります。

 

▼原文ママ

「目標広告費用対効果」に基づいて入札する Google 広告スマート自動入札戦略を使って、指定した目標広告費用対効果に沿ってコンバージョン値や収益を増やすことができます。

上記の内容と投資収益率という文言も設問に含まれていますので、「目標広告費用対効果(ROAS)」が正解となります。

 

ちなみにGoogle広告の中で1日の費用(CPD)はYoutube広告の中でも純広告となりますので、ブランディング向けなので、今回の設問には不適当な回答となります。

 

広告視聴単価(CPV)や視認範囲のインプレッション単価(vCPM)についても同様でブランディング向けの広告のため、不適当な回答となりますね!

 

▼参考リンク

support.google.com

support.google.com