Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google広告の基礎:017】動的リマーケティングを使用することで、広告主は何ができるようになりますか。

 

動的リマーケティングを使用することで、広告主は何ができるようになりますか。


ユーザーが PC でウェブサイトを訪問してから 24 時間後に、そのユーザーのモバイル端末に広告を表示する
広告を繰り返し表示して、広告の閲覧者数を増やす
★ウェブサイトを訪問したことがあるユーザーに、サイトで閲覧した商品やサービスに基づく広告を表示する
チャット セッションを開いてウェブサイトにユーザーを引き込む

 

 

◆解説◆ 

Google広告のヘルプに以下のような記載があります。

 

▼原文ママ

動的リマーケティングではこれをさらに一歩進めて、ユーザーが過去にサイトで閲覧した商品やサービスを含む広告を表示することが可能です。動的リマーケティングを利用すると、ユーザーごとにカスタマイズされたメッセージを使用し過去のサイト訪問者をサイトに呼び戻すことで、見込み客の獲得や販売につなげることができます。

少し引用が長くなりましたが、訪問者の閲覧履歴に応じて個別に広告出稿の出し分けが可能ということですね。

 

よって、「ウェブサイトを訪問したことがあるユーザーに、サイトで閲覧した商品やサービスに基づく広告を表示する」が正解となります。

 

▼参考リンク

support.google.com

support.google.com