Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):079】Google アナリティクスでのリマーケティングのメリットでないのは次のうちどれですか。

Google アナリティクスでのリマーケティングのメリットでないのは次のうちどれですか。

 

既存のアナリティクス スニペットに変更を加えることなく、リマーケティング リストを作成できる
カスタムのセグメントやターゲットに基づくリマーケティング リストを作成できる
サイトにアクセスしたことがあるユーザーにカスタマイズした広告を表示できる
★ユーザーは、以前購入した商品アイテムを並べ替えることができる

 

◆解説◆

Google Analyticsのヘルプでは以下の記載があります。

 

以下、原文ママ

アナリティクスのデータに基づいてリマーケティング リストを作成できます。セッション時間、市区町村、目標の完了数など、アナリティクスのさまざまな指標やディメンションを使用してユーザーリストを作成できます。特定の連続操作を行ったユーザー(たとえば、商品ページ A を閲覧した後、「カートへ追加」ボタンをクリックしたユーザー)をターゲットにすることもできます。

上記の記載がありますので「カスタムのセグメントやターゲットに基づくリマーケティング リストを作成できる」のは正しく、細かいセグメントでのリマーケティングリストが作成できるのでメリットですね。

 

また次のような記載もあります。

 

以下、原文ママ

アナリティクスの [管理] ページの簡単な設定でリマーケティングを有効にできます。コードをさらに変更したり、リマーケティング タグをサイトに追加したりする必要はありません。

「アナリティクス スニペット」というグーグル独特の日本語訳になっていますが、要するにアナリティクスタグの変更は不要ということなので「既存のアナリティクス スニペットに変更を加えることなく、リマーケティング リストを作成できる」は正しく、工数が増えないという点でメリットですね。

 

さらに次のような記載もあります。

 

以下、原文ママ

リマーケティング ユーザーリストとは、コンバージョンに至る可能性が高く再度アプローチしたい一連のユーザーを表す、Cookie やモバイル広告 ID のリストのことです。

直接的な表現ではありませんが、「サイトにアクセスしたことがあるユーザーにカスタマイズした広告を表示できる」ということにつながるので、これもメリットですね。

 

最後に残っている「ユーザーは、以前購入した商品アイテムを並べ替えることができる」がメリットではありません。

 

消去法で回答が導き出せましたね!

 

▼参考リンク

support.google.com