Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):071】Google 広告アカウントを Google アナリティクスとリンクしても行えないのは次のうちどれですか。

Google 広告アカウントを Google アナリティクスとリンクしても行えないのは次のうちどれですか。

 

★Google アナリティクス内でキーワードの入札単価を調整する
Google 広告のクリックデータや費用データと Google アナリティクスのサイトのエンゲージメント データを同時に確認する
アナリティクスの目標とトランザクションを Google 広告でコンバージョンとして読み込む
アナリティクスでリマーケティング リストを作成し、Google 広告キャンペーンで使用する

 

◆解説◆

Google Analyticsのヘルプでは以下の記載があります。

 

以下、原文ママ

アナリティクスによるリマーケティングと動的リマーケティングで、Google 広告でのリマーケティングをさらに強化できます。

上記の記載がありますので、「アナリティクスでリマーケティング リストを作成し、Google 広告キャンペーンで使用する」は問題なく実施できますね。

 

また以下の記載があります。

 

以下、原文ママ

Google 広告アカウントに、アナリティクスの目標や e コマース トランザクションのデータをインポートできます。

上記の記載がありますので、「アナリティクスの目標とトランザクションを Google 広告でコンバージョンとして読み込む」は問題なく適用できますね。

 

さらに以下の記載があります。

 

以下、原文ママ

Google 広告アカウントとアナリティクス プロパティをリンクすると、お客様のマーケティング活動とユーザーの接点(広告のインプレッションやクリックなど)から、そのユーザーによるサイトに設定した目標の達成(購入やコンテンツの利用など)まで、ユーザー行動の全体像を把握できるようになります。

「Google 広告のクリックデータや費用データと Google アナリティクスのサイトのエンゲージメント データを同時に確認する」について具体的な記載がありませんが、様々なデータ連携ができます。

 

そのため正解は「Google アナリティクス内でキーワードの入札単価を調整する」となります。実際にGoogle広告のキーワード単価調整はできませんので、こちらが正解と考えて間違いありませんね!

 

逆にできるのであれば、Google広告の管理画面ではなく、Google Analyticsの管理画面で運用すれば良い気がします。閲覧できるデータも増えるので、その方が有益でしょう。

 

▼参考リンク

support.google.com