Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Partners オンライン広告理解度テスト(セールス向け):036】クライアントは広告の掲載順位を改善したいと考えており、その方法の 1 つとして、入札単価を上げることを提案しました。これがクライアントにもたらすメリットについても説明したほうがよいでしょうか。またその理由は何ですか。

クライアントは広告の掲載順位を改善したいと考えており、その方法の 1 つとして、入札単価を上げることを提案しました。これがクライアントにもたらすメリットについても説明したほうがよいでしょうか。またその理由は何ですか。


回答
するべきではない。クライアントはそのメリットを既に把握している可能性があり、高圧的な印象を与えかねないため
★するべきである。入札単価を上げ、広告の品質を向上することで、より多くの顧客にリーチするという目標を達成できることを伝えられるため
するべきである。ただし、クライアントが強い関心を示し、予算を増やしたいことを表明している場合に限る
するべきではない。クライアントの気分を損ねる可能性があるため

 

◆解説◆

やや一般論になってしまいますが、クライアントにもたらすメリットは当然ですが、伝えるべきですよね?よって、「するべきではない。」を含む回答は即、却下です。

 

なお、「強い関心を示し、予算を増やしたいことを表明している」という場面は基本的にないでしょうし、強い関心を示しているという部分が断定的で強すぎる表現なので、不適切です。

 

よって、「するべきである。入札単価を上げ、広告の品質を向上することで、より多くの顧客にリーチするという目標を達成できることを伝えられるため」が正解ですね。

 

 実際に、「入札単価を上げ、広告の品質を向上すること」で結果的に、低コストで出稿することにつながります。しかし、クライアントの立場で考えると入札単価を上げるとなるとコスト増になるという否定的な意見が出る可能性があるからです。

 

入札単価を引き上げて、広告品質を高めることはGoogle広告の基本的な入札戦術でありますし、別のGoogle広告認定資格でも頻出の内容なので、この機会にキチンと理解しておくといいでしょう!