Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【演習問題】Google広告では自動入札機能が実装されていますが、当該機能を使って実現できるマーケティングキャンペーン目標は次のうちどれでしょうか?

f:id:uramotokenji:20210327080135j:plain

 


【演習問題】Google広告では自動入札機能が実装されていますが、当該機能を使って実現できるマーケティングキャンペーン目標は次のうちどれでしょうか?

 

【解答】

★適切なタイミングで適切なユーザーに適切なメッセージを伝える。
特定のデバイス利用者のみに限定してメッセージを提供する。

競合相手との熾烈なオークションを勝ち抜くために脱法行為を行なう。

1クリックのクリック単価を徹底的に固定して変えないこと。

 

【解説】

この演習問題ではGoogle広告での自動入札機能の内容について正しく理解しているか?を確認する設問となります。

 

Googleスキルショップの「1. 自動入札とは」という項目内にて以下の記載があります。

 

Google 広告の自動入札機能のメリット


あらゆるマーケティング キャンペーンの共通の目標は、適切なユーザーに適切なタイミングで適切なメッセージを伝えることです。ユーザーがさまざまなデバイスを使用するようになったことで、ユーザーの行動は複雑になり、ユーザーのコンテキストに応じた入札単価の決定も複雑になっています。

 

Google 広告の自動入札なら、パフォーマンスを向上させるために利用可能なすべてのシグナルを効率的に取り入れられます。

 

またGoogle広告のヘルプでも以下の記載があります。

 

自動入札機能について
自動入札機能を利用すると、入札単価を設定する際の手間のかかる作業や推測に頼った作業を排除できます。自動入札戦略は、目標に応じて何種類か用意されています。この記事では、6 種類の自動入札戦略の概要とそれぞれの活用方法を説明します。

 

今までの経験や勘などの俗人的な手動でのGoogle広告を管理することは、多様になったデバイスや複雑になったユーザー行動、ユーザーの文脈に沿った出稿をしていくことが困難になってきています。

 

Googleの機械学習の精度が高くなってきていますし、レスポンシブ検索広告を活用することで複数の広告見出しと説明文を入稿しておけば、Googleが自動的にテストして最もパフォーマンスが高い組み合わせで広告掲載ができるようになります。

 

よって正解は「適切なタイミングで適切なユーザーに適切なメッセージを伝える。」となります。

 

Google広告の自動入札の特徴は適切なタイミングでユーザーに対して最適なメッセージを伝えることができる機能であると覚えておきましょう!

 

 

▼参考リンク

support.google.com