Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):029】参照元サイト、オーガニック検索、広告掲載がコンバージョン プロセスにおいてどのようにアシストしたかを確認できるレポートは次のうちどれですか。

参照元サイト、オーガニック検索、広告掲載がコンバージョン プロセスにおいてどのようにアシストしたかを確認できるレポートは次のうちどれですか。

 

集客レポート
目標レポート
e コマース レポート
★マルチチャネル レポート

 

◆解説◆ 

Googleアナリティクスのヘルプに以下のように書かれています。

 

以下、原文ママ

アナリティクスでは、コンバージョンや e コマース トランザクションは、ユーザーがコンバージョンを達成したときに参照した最後のキャンペーン、検索、広告に起因するとみなされます。しかし、それより前のウェブサイトの参照、検索、広告は、そのコンバージョンでどのような役割を果たしているでしょうか。ユーザーが最初に関心を持ってから購入するまでにどのぐらいの時間が経過したのでしょうか。

マルチチャネル レポートは、販売やコンバージョンに至るまでのマーケティング チャネル(ウェブサイトまでの経路の参照元)を示すことで、こうした疑問に答えるものです。

以上を踏まえてどの経路がコンバージョン(獲得)をアシストしたか分かるのは「マルチチャネル レポート」ですね。

 

ちなみに「集客レポート」は訪問者がホームページに流入してきた経路や、アプリがダウンロードされた回数などを把握できますが、アシスト状況については知ることができませんね。

 

また「目標レポート」は事前に設定が必要ですが、特定のページ、例えば問合せ完了ページなどが読み込まれた時などをコンバージョン(獲得)設定しておくと、獲得件数を把握することができますね。

 

さらに「eコマースレポート」はショッピング関連のデータの把握に有益な情報を把握することができますね。

 

どのレポートも重要なので理解を深めておいて間違いないでしょう!

 

▼参考リンク

support.google.com