Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


Google AdWords 認定資格について

f:id:uramotokenji:20180319165133j:plain

Google AdWords 認定資格はGoogleが公式に認定する資格です。

 

もちろん国家資格などの公的資格ではありませんが、Googleと無関係な組織が認定している資格ではないので、この資格に合格することはGoogle AdWordsに関する基礎知識から応用まで、きちんと知識があるかどうか?をGoogle公認として判定してくれるので非常に有益です。

 

また広告代理店にとっては、Google AdWords 認定資格を保持している有資格者がいない場合はGoogle公認の代理店と謳うことはできません。(一部、認定資格を保持している社員がいないにも関わらず、Google公式代理店と公然と主張している会社もいくつかありますが、明らかなルール違反です。見つけたらドンドンGoogleに通報しましょう!)

 

そういう意味でもGoogleに認められた有資格者がいる広告代理店は、Google AdWordsに精通したプロフェッショナルが在籍している信頼できる証と言えます。

 

Google AdWords 認定資格を受験するにはAcademy for Adsに登録する必要があります。また登録してから、AdWords 認定資格理解度テストに受験して合格する必要があります。

 

正解率が80%以上であることが合格の基準というのは、厳しいともいえます。しかし、それだけ安易にはGoogleも認定していないので、Google AdWords 認定資格に合格している人はプロのお墨付きがあるといっても過言ではないです。

 

資格の種対は一昔前までは「AdWords 基礎」「検索広告」「ディスプレイ広告」の3種類で三種の神器でしたが、時代の流れで「モバイル広告(スマートフォン広告)」「動画広告」「ショッピング広告」と資格も倍増し、実際の実務面でも、かなり専門的な知見が必要とされ、複雑化が進んでいます。(複雑化しているから広告効果もそれに応じて高くなっているのか?は少し別問題だと主観的には思います。)

 

もちろん有資格者でなくても、運用型広告の運用は可能です。ただし、Google AdWords を運用しているのであれば、最低限必要な知識が要求されるのが、このGoogle AdWords 認定資格です。

 

広告を責任を持って運用している現場担当者は、やはり、「AdWords 基礎」「検索広告」の2つ、場合によっては「ディスプレイ広告」も含めた三種の神器くらいは持っていて欲しいと思います。(もちろん三種の神器は取得しています、私は。)

 

▼参考リンク

support.google.com