Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Partners オンライン広告理解度テスト(セールス向け):028】広告をクリックしたユーザーをウェブサイトの特定のページに誘導する場合に、広告で使用する機能は次のうちどれですか。

広告をクリックしたユーザーをウェブサイトの特定のページに誘導する場合に、広告で使用する機能は次のうちどれですか。


回答
アクセス履歴表示オプション
コールアウト表示オプション
★サイトリンク表示オプション
住所表示オプション

 

◆解説◆

Google広告のヘルプを見てみましょう。

 

サイトリンク表示オプションを作成すると、広告にリンクをもっと追加できるようになります。サイトリンクは、店舗の営業時間や特定商品のページなど、サイト上の特定ページにユーザーを誘導する際に役立ちます。ユーザーはサイトリンクをクリックまたはタップして、知りたい情報や購入したい商品が掲載されたページに直接移動できます。

 

上記の解説から、特定ページにユーザーを誘導することができる機能は「サイトリンク表示オプション」ということが明記されていますので、サイトリンク表示オプションが正解となりますね。

 

ちなみにアクセス履歴表示オプションは「このページに3回アクセスしています。前回のアクセス:昨日」などが自動的に出る広告オプションですので、特定のページに誘導する機能ではありませんね。他の広告で使用する機能と比較すると、あまり知名度が高くないかもしれません。

 

コールアウト表示オプションは、送料無料や24時間対応などの特色を簡潔な言葉やキャッチフレーズなどでアピールできる機能となりますので、特定のページに誘導する機能ではありませんね。

 

住所表示オプションは広告で店舗や会社の所在住所を追加できる機能です。広告がクリックされると詳細な所在地ページが表示される機能ですので、特定のページに誘導する機能ではありませんね。ちなみに電話番号や通話ボタンを広告で追加することもできるのでオススメの機能の1つです。 

 

但し、住所表示オプションはGoogle広告では設定できず、Googleマイビジネスとアカウントを紐づけることが必須な点、注意が必要ですよ!そういう意味ではGoogleマイビジネスの内容を充実させることがGoogle広告で出稿する場合にも重要な要素になっているとも言えます。

 

▼参考

support.google.com

support.google.com

support.google.com

www.adwords-exam.info