Google広告学園┃GAIQ情報もあります

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

GAIQ


【演習問題】検索マーケティングの専門家の森岡さんは、Google広告キャンペーンの成果を最適化するために広告表示オプションを効果的に使う必要性を感じています。広告表示オプションに関するGoogleの最適化案として、正しいものを次から選びなさい。

【演習問題】検索マーケティングの専門家の森岡さんは、Google広告キャンペーンの成果を最適化するために広告表示オプションを効果的に使う必要性を感じています。広告表示オプションに関するGoogleの最適化案として、正しいものを次から選びなさい。

 

★各キャンペーンまたは広告グループで3つ以上の広告表示オプションを使用する。

5つ以上の広告表示オプションを使用し、広告グループにのみ追加する。

各キャンペーンまたは広告グループで3つ以上の広告表示オプションを使用しない。

サービス業界の広告を出稿する場合に限り、広告表示オプションを使用する。

 

【解説】

Google広告の最適化案の中でも広告表示オプションに関する内容をキチンと理解しているか?を確認する設問となります。

 

回答として正しいものを探していきます。

 

まずは、Google広告のヘルプ内にある項目に「広告表示オプションを選択する」があり、以下の記載があります。 

 

広告表示オプションは可能なら 4 種類以上追加します。たとえば、サイトリンク、コールアウト、構造化スニペットの 3 つに加え、お好みのものをもう 1 つ選ぶといいでしょう。

 

この記載内容では若干微妙ですが「5つ以上の広告表示オプションを使用し、広告グループにのみ追加する。」は不正解と判断するのが良さそうです。

 

また、Google広告検索広告認定資格の解説ページの「検索広告の広告表示オプションで関連性を高める」内にある項目に「検索広告の表示オプションで広告の関連性を高める」があり「2. 適切な広告表示オプションを選ぶ」内にある「広告表示オプションに関するベスト プラクティス」で以下の記載があります。 

 

ビジネスの内容に応じて、適切な広告表示オプションをできるだけ多く活用しましょう。少なくとも 3 つ使用しますが、どのオークションでも最大 4 つの広告表示オプションを表示できるため、4 つ使用することをおすすめします。また、サイトリンク表示オプション、構造化スニペット、コールアウト表示オプションは常に利用するようにしましょう。

 

これによって広告表示オプションは3つ以上の利用が推奨されているので「5つ以上の広告表示オプションを使用し、広告グループにのみ追加する。」は却下されますし「各キャンペーンまたは広告グループで3つ以上の広告表示オプションを使用しない。」というのも解答としては不適切ということが明確に判断できます。

 

残りの選択肢は2つですが、特定の業界での利用は推奨している記載は見られないこともあり総合的に判断すると「各キャンペーンまたは広告グループで3つ以上の広告表示オプションを使用する。」が正解と判断するのが自然でしょう。

 

Google広告の広告表示オプションは自動的に掲載されるものもありますが、広告表示オプションを使用することで検索エンジン利用者の興味関心を惹くことができるので、結果的に広告の関連性が高くなり、広告の質の向上に繋がり、広告ランクに影響するので活用しましょう。

 

もちろんGoogle Partnerのパフォーマンス要件として最適化案の最適化スコアのしきい値(70%)を達成するためにも広告表示オプションの活用は必須ですよ!

 

▼参考リンク

support.google.com

www.youtube.com