Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ):064】過去にサイトを訪れたことがあるトラフィックの割合を調べる場合に役立つレポートは次のうちどれですか。

過去にサイトを訪れたことがあるトラフィックの割合を調べる場合に役立つレポートは次のうちどれですか。

 

参照サイトレポート
販売実績レポート
リピートの回数や間隔レポート
★新規とリピーター レポート

 

◆解説◆

まず、「販売実績レポート」は過去にサイトを訪れたことがあるかどうかと無関係なので却下。

 

また「参照サイトレポート」は存在しないと思いますが、参照サイトはどこからの流入か?なので、過去にサイトを訪れたことがあるかどうかと無関係なので、こちらも同様に却下。

 

そんなこんなで、Google Analyticsのヘルプでは以下のように書かれています。

 

以下、原文ママ

サイトの集客力とリピーターの獲得状況を測定します。新規訪問とリピート訪問の収益への貢献度を比較することもできます(30% のリピーターでトランザクション総数の 45% を占める、などの情報を確認できます)。

「リピートの回数や間隔レポート」と「新規とリピーター レポート」が原文で当てはまります。

 

困りましたね(苦笑)
でも、大丈夫です。

 

「割合を調べる場合に役立つ」がポイントでリピートの回数や間隔レポートは回数や間隔といった詳細なデータが分かりますが、新規とリピーターの割合は簡単には分かりません。

 

という訳で「新規とリピーター レポート」が正解となります。

 

ちょっと意地悪な問題だと感じますが、きちんと理解していないと解けない問題の1つですね。

 

▼参考リンク

support.google.com

support.google.com