Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Partners オンライン広告理解度テスト(セールス向け):030】Google 検索ネットワークに広告を掲載する理由として妥当なものは、次のうちどれですか。

Google 検索ネットワークに広告を掲載する理由として妥当なものは、次のうちどれですか。


回答
動画広告やイメージ広告など、多様な広告フォーマットを利用したい
自社の業務内容に関連するウェブサイトを閲覧しているユーザーにアプローチしたい
★自社の商品やサービスを検索しているユーザーにアプローチしたい
ウェブサイトの種類を選んで広告を掲載したい

 

◆解説◆

Google広告のヘルプを見てみましょう。

 

検索ネットワークで広告掲載を行うと、検索結果の横、Google マップや Google ショッピングなどの Google サイト、Google 検索パートナー サイトに広告が表示されます

 

上記の解説から、検索ネットワークでの広告掲載は検索している利用者に広告が出せますので「自社の商品やサービスを検索しているユーザーにアプローチしたい」が正解になりますね。

 

ちなみにGoogle検索パートナーサイトでは表示されるのかもしれませんが、基本的に検索結果の横はGoogleでは現在は廃止されているので、解説は誤りです。

 

なお念のため、他の選択肢も確認しておきましょう。

 

以下のようにGoogle広告のヘルプに記載もあります。

 

お客様が提供している商品やサービスについて検索したユーザーに広告を表示することができます。広告を作成する際に、一連のキーワードを設定します。キーワードとは、広告掲載のきっかけとなる語句のことです。キーワードに設定された語句でユーザーが検索すると、検索結果の上か横にテキスト広告が表示されます。

 

衣料品など物販では例外はありますが、Google検索ネットワークでは基本的にテキスト広告のみ出稿が可能なので「動画広告やイメージ広告など、多様な広告フォーマットを利用したい」は不正解です。

 

また「自社の業務内容に関連するウェブサイトを閲覧しているユーザーにアプローチしたい」や「ウェブサイトの種類を選んで広告を掲載したい」については以下のGoogle広告のヘルプで記載があるようにディスプレイネットワークのみ適用される機能ですね。

 

 

広告は、選択したターゲティング方法に基づいて表示できます。ディスプレイ ネットワークでは、次のような方法で広告のターゲット設定を行うことができます。

提供している商品やサービスに関連するキーワードやトピックを指定する
特定のウェブサイトまたはページを指定する
興味や関心、属性、ウェブサイトへのアクセス履歴などをもとに特定のユーザー層を指定する
詳しくは、ディスプレイ ネットワークでの広告の掲載先をご覧ください。

 

よって正解は「自社の商品やサービスを検索しているユーザーにアプローチしたい」となるでしょう。

 

▼参考

support.google.com

support.google.com