Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):044】吉田さん は、インターネット上でフルーツと野菜を販売しています。 見込み客が興味を持つであろうキーワードを選択して運用してきましたが、ウェブサイトの分析ツールを使って効果を確認したいと思っています。分析ツールからどのような情報が得られるでしょうか?あてはまるものをすべて選択してください。

吉田さん は、インターネット上でフルーツと野菜を販売しています。 見込み客が興味を持つであろうキーワードを選択して運用してきましたが、ウェブサイトの分析ツールを使って効果を確認したいと思っています。分析ツールからどのような情報が得られるでしょうか?あてはまるものをすべて選択してください。

 

★ウェブサイトの訪問者がどこから来ているか

★どのウェブサイトからの訪問者がお客様になっているか

★お客様がどのページに長く滞在しているか

お客様が、購入したフルーツや野菜に満足しているか

 

■検索エンジンへの対応

検索で見つけてもらう方法 (SEO 第 1 章) 

5. SEO の目標設定について

 

以下、解説を引用します。 

ウェブサイトの分析ツールは、ウェブサイト上でのお客様の行動を把握するために役立ちます。

たくさんの情報を調べることができますが、お客様が商品に満足しているかどうかを確認することはできません。

 

ウェブサイトの分析ツールと表記されていますが、アクセス解析ツールと考えていいでしょうね。(※Googleアナリティクスといった記載がないのがニクいですね(笑))

 

 

アクセス解析ツールでは訪問者がどこから来ているか?が分かります。GoogleやYahoo!などの検索エンジン経由なのか?それともFacebookやインスタグラム、ツイッターなどのSNS経由なのか?などが判明します。

 

また経由元が分かるだけではなく、どの経由元の訪問者が購入しているか?も分かります。

 

さらにどのページが閲覧数が多い、滞在時間が長い、直帰が多いなどの各種指標もアクセス解析ツールでは細かく分析することが可能ですね!

 

ちなみに、ページ単位では、そのページが分かりやすいか?どうかは離脱率や滞在時間で分かりますが、顧客満足度については、実際のお客様にアンケートなどで聞く以外方法はありませんね、残念ながら。