Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google 広告動画:018】YouTube チャンネルにアクセスはしたものの、ショッピング アプリをダウンロードしなかった以前のユーザーに再アプローチしたいと考えています。何に基づいて動画リマーケティング リストのユーザーを特定すればよいでしょうか。

YouTube チャンネルにアクセスはしたものの、ショッピング アプリをダウンロードしなかった以前のユーザーに再アプローチしたいと考えています。何に基づいて動画リマーケティング リストのユーザーを特定すればよいでしょうか。

 

★広告のインプレッション(アプリをダウンロードしなかったユーザー)
広告のインプレッション(アプリをダウンロードしたユーザー)
その会社の動画チャンネルに登録しているユーザー、アプリをダウンロードしていないユーザー
広告のインプレッション(その会社の動画チャンネルに登録しているユーザー)

 

◆解説◆

まずはGoogle広告のヘルプから探してみましょう。

 

YouTube や動画パートナー サイトを視聴する何百万ものユーザーに向けて、動画や YouTube チャンネルでの過去の視聴実績に基づいてパーソナライズド広告を表示することができます。この方法は「動画リマーケティング」と呼ばれます。広告主様の動画やチャンネルを過去に視聴したことがあるユーザーにメッセージを明確に伝えることで、費用対効果を向上できる可能性が高くなります。

 

上記の解説から「広告のインプレッション(アプリをダウンロードしなかったユーザー)」が正解となりますね。

 

ちなみに「広告のインプレッション(アプリをダウンロードしたユーザー)」ショッピングアプリをダウンロードしているので、真っ先に除外ですね。

 

また「広告のインプレッション(その会社の動画チャンネルに登録しているユーザー)」はショッピングアプリのダウンロードの有無が不明なので残念ながら却下でしょう。


さらに「その会社の動画チャンネルに登録しているユーザー、アプリをダウンロードしていないユーザー」はショッピングアプリのダウンロードしていないのは正解と合致しますが、そもそも広告での接触の有無が不明ですね。

 

よって「広告のインプレッション(アプリをダウンロードしなかったユーザー)」が4つの選択肢の中で正解ということが、明確になりました!

 

▼参考リンク

support.google.com