Google広告学園┃GAIQ情報もあります

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

GAIQ


【演習問題】動的検索広告を使うことで得られるメリットは何ですか?以下より2つを選択せよ。

動的検索広告を使うことで得られるメリットは何ですか?

 

【演習問題】動的検索広告を使うことで得られるメリットは何ですか?以下より2つを選択せよ。

 

★広告主がリーチし損なっていたユーザー対して広告表示することができる。

今まで以上にきめ細かくキーワード管理することできる。

必要な広告予算が大幅に削減される。

ツイッターやインスタグラムといったSNSに素早く簡単に広告が表示できる。

★見込み顧客に合わせた適切な広告が自動的に作成される。

 

【解説】

Googleが推奨している動的検索広告について内容をキチンと理解しているか?を確認する設問となります。

 

Google広告のヘルプ内の動的検索広告についてという項目に以下の記載があります。 

 

ウェブサイトのコンテンツに基づいて広告の掲載対象を設定することで、キーワードに基づくキャンペーンではリーチできなかったユーザーにも広告を表示できます。

 

キーワードに基づくキャンペーンではリーチできなかったの言い回しが分かりにくい印象ですが、要点としてはGoogleが管理画面上で未設定だったキーワードでも実際に検索されているキーワードと広告主のWebサイトに関連性があれば自動的に広告を出しますという話なので「広告主がリーチし損なっていたユーザー対して広告表示することができる。」が正解ですが、2つ正解があるので他の内容も精査しましょう!

 

またGoogle広告のヘルプ内の動的検索広告についてという項目には以下のような記載があります。 

 

動的検索広告の見出しとランディング ページもウェブサイトのコンテンツを使用して作成されるため、広告の関連性が高まり、時間が節約されます。

 

時間が節約されると記載されているので「今まで以上にきめ細かくキーワード管理することできる。」となると管理の手間が増えるので正解ではないことが明白です。

 

「必要な広告予算が大幅に削減される。」というのも広告の関連性が高くなるのれでば結構、正解かもしれないので、一旦保留とします。

 

「ツイッターやインスタグラムといったSNSに素早く簡単に広告が表示できる。」については動的検索広告とは全く関係がないので却下です。

 

最後に「見込み顧客に合わせた適切な広告が自動的に作成される。」という回答ですが上記で言及したヘルプ内の記載と以下の解説から広告は自動生成されることが明白ですので正解となります。

 

ユーザーがウェブサイトのタイトルや頻繁に使用されているフレーズと密接に関連した語句を使用して Google で検索を行うと、これらのタイトルとフレーズに基づいてランディング ページが選択され、明確で関連性の高い広告見出しが生成されます。

 

動的検索広告はECで大量の商品在庫を持つ広告主で通常のキーワード管理では管理しきれない場合に非常に有効です。実際に経験上、クリック単価も安くて低CPAで獲得が取れます。是非活用してみてくださいね!

 

▼参考リンク

support.google.com