Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

【AdWords 基礎】Academy for Adsで受験可能なGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格のAdWords 基礎について

f:id:uramotokenji:20180312114017p:plain

 

2018年1月に移行されたAcademy for Ads版のGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格のAdWords 基礎を2018年3月9日(金)に受験しました。運用型広告の基礎中の基礎の資格ですので、特別な受験対策はせずに受験しましたが、正解率80%以上を達成したため、一発合格でした。

 

AdWords 基礎の設問はGoogleの仕様の変更などで1年以内に大きく設問が変更されることが多いAdWords ディスプレイ認定資格、AdWords 動画認定資格、Google ショッピング認定資格などの他の分野とは異なり、今までは設問自体が大きく変更されることはありませんでした。

 

しかし今回のAdWords 基礎は一部、今までの設問とは異なっていたのが特徴的でした。ただし、基礎ということもあり、基本を押さえる内容のため設問自体の難易度が高くなっている訳ではないので、基本をしっかり押さえておけば大丈夫でしょう。

 

なお、AdWords 基礎で出題される設問は当ブログに記載したものが、大多数、出題されると思いますが、Googleの設問傾向からは一部、ランダムで出題される可能性が高いです。

 

そのため、基本的な設問が出題されるとはいえ、不安な場合はしっかりとAdWords 基礎の学習ガイドページで学習してから受験するか、東京を中心に不定期開催のAdWords 認定資格セミナーを受講してから、AdWords 基礎の受験をすることを推奨します。

 

ちなみに問題数は65問で、制限時間は90分です。不合格でも再受験できる期間は1 日と今までより大幅に短縮されているので、苦手分野をきっちり克服して、再受験することをおすすめします。

 

最後にAdWords 基礎に合格しないと他の検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告に受験すらできないのがルールです。AdWords 基礎をきちんと合格してから、他の資格も受講しましょう。