Google AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格を徹底攻略!

Google AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格の問答集。試験問題の設問と解答例を掲載中。Googleアドワーズの資格合格に向けたお役立ち情報も満載。もちろん2018年1月に移行したAcademy for Adsにも対応!

Google AdWords認定資格のコツ ~ 取り組む資格の順序は大事 ~

f:id:uramotokenji:20180405155449j:plain

Google AdWords認定資格のコツの1つとして、取り組む資格の順序は考えておく必要性があります。

 

そもそも、「AdWords 基礎」に合格しないと、他のGoogle AdWords認定資格に受験する資格がないので「AdWords 基礎」に合格するように取り組んでいきましょう。

 

次に狙うべきは「AdWords 検索認定資格」ですね。これは「AdWords 基礎」とは違って、やや専門的な設問も出てくるものです。検索連動型広告についての知見が問われます。

 

「AdWords 基礎」と「AdWords 検索認定資格」さえ取得できれば、まずは知識としての検索連動型広告に関しては最低限が整いました。多くの広告代理店では、ディスプレイ広告に積極的に取り組んでいないところも多いので、この2つの資格があれば充分というところもあると思います。

 

実際に広告代理店の取得資格リストを見ると、業界最大手の某会社では「AdWords 検索認定資格」が100人以上いるにも関わらず、それ以外の資格は10人前後というのがザラです。有資格者による運用を謳っている訳ではないので、とくに問題にはならないとは思いますが、意識の低さを感じますね。

 

3つめは迷うところですが、やはり「AdWords ディスプレイ認定資格」ですね。一昔前までは「AdWords 基礎」と「AdWords 検索認定資格」と「AdWords ディスプレイ認定資格」の3つの資格しかなかったので、この3つを持っていれば、リマーケティングと呼ばれる追い掛け型の広告も含めたディスプレイ広告についての知見があるといえるでしょう。

 

さて、この3つを取得したあとは、正直なところ、「AdWords モバイル認定資格」「AdWords 動画認定資格」「Googleショッピング認定資格」のどれを受講してもいいと思います。

 

投げやりに感じられるかもしれませんが、上記3つは、「AdWords 基礎」と「AdWords 検索認定資格」と「AdWords ディスプレイ認定資格」の3つの設問の中から、後発で切り出されて設問数が増やされた資格です。

 

重要度が低いというわけではないのですが、難易度が高い「Googleショッピング認定資格」を最後にするくらいでいいと思います。

 

Google AdWords認定資格自体が簡単に10分でサクサク解けるものではないです。まずは「AdWords 基礎」で基礎知識を固めてから、徐々に拡張していく方が気が楽ですし、達成感もあると思いますね。

 

▼参考リンク

support.google.com