Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):047】吉田さんは吉田農園の野菜をインターネット上で販売しています。 当初は国内販売のために立ち上げたウェブサイトでしたが、次第に海外からも注文を受けるようになりました。ウェブサイトを海外の見込み客向けに最適化することにしましたが、下記のリストの中で避けるべきことは何でしょうか?避けるべきこと を選択し、それらを除外してください。

吉田さんは吉田農園の野菜をインターネット上で販売しています。 当初は国内販売のために立ち上げたウェブサイトでしたが、次第に海外からも注文を受けるようになりました。ウェブサイトを海外の見込み客向けに最適化することにしましたが、下記のリストの中で避けるべきことは何でしょうか?避けるべきこと を選択し、それらを除外してください。

 

該当するものを選択した後、「解答する」をクリックしてください。

 

各言語を別々のページに分ける
★同じページに複数の言語を使用する
言語アノテーションを追加する
★自動翻訳サービスで翻訳する

 

■検索エンジンへの対応

検索の有効活用 (SEO 第 2 章)

3. 海外を視野に入れた SEO

 

以下、解説を引用します。 

ウェブサイトでは各言語ごとに個別のページを作成することが大切です。 それによって、検索エンジンがウェブサイトの各ページを正しく認識できるようになります。

検索エンジンが言語を特定できなくなるため、同じページ上で複数の言語を使うことは避けましょう。

自動翻訳サービスを利用したウェブサイトは、スパムとみなされることがあるため、それも避けるべきです。

また、言語アノテーションを追加すれば、訪問したお客様ごとにそれぞれの言語のウェブページを表示させることができます。 

 

海外SEOの基本としては、解説にあるように各言語毎に個別ページを作成することが重要です。

 

日本語ページで引用で英語の文章を掲載することはあると思いますが、そのような場合は引用タグで囲んで掲載すれば問題は少なくなるでしょうね。

 

 

自動翻訳サービスは結構、使っているサイトもありますが、解説では非推奨となっています。手間ではありますが、利用者が自動翻訳を使ってもらうような方向性が正しいということなのだと思いますね。

 

あまり聞きなれないと思いますが、多言語サイトのSEOの基本は言語アノテーションを利用することが最適ですね。