Google AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格を徹底攻略!

Google AdWords(グーグルアドワーズ)認定資格の問答集。試験問題の設問と解答例を掲載中。Googleアドワーズの資格合格に向けたお役立ち情報も満載。もちろん2018年1月に移行したAcademy for Adsにも対応!

Google AdWords認定資格のコツ ~ 機能を十分理解していますか? ~

f:id:uramotokenji:20180406112714j:plain

Google AdWords認定資格のコツの1つとして、機能を十分理解しているかどうかが大事ですね。(直近は精神論に近い話を多く書いてきたので、少し現実路線で傾向を分析してみることにしました。)

 

Googleがプロだと公式に認定してくれるものですから、当たり前かもしれませんが、付け焼刃では、答えられない設問が出てきます。

 

例えば、「AdWords 基礎」の場合であれば、クリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)といった、基本中の基本となる用語について問われる設問があります。このような用語問題は確実に取りこぼさないようにしましょう!

 

また、除外キーワードや完全一致や部分一致、絞り込み部分一致などキーワードのマッチタイプの分類も超重要事項です。必ず設問として出てくると断言しても良いかもしれません。理解を深めておいて間違いありませんよ!

 

地域ビジネス関係の設問も出てきます。電話注文を重視する地域密着型ビジネスの場合な最適な広告配信方法は抑えておきたいですし、地域関連のせて地や言語指定の配信についての概念も、きちんと理解しておくべき事項の1つです。

 

アカウント構成についても、設問に出てきます。きちんと検索連動型広告とディスプレイ広告の特性を生かした広告配信アカウントの設計ができるか?どうか?Googleは試してきますね。

 

その他、オンライン広告と呼ばれる、グーグルAdWordsも含むインターネット広告全般の知識も重要です。AdWords運用と直接的な関連性が高いとはいえない、これらの知識をAdWords認定資格で問う必要があるのか?は微妙だったりしますが、最低限知っておいてくださいね!っていうことなんだと思いますね。

 

近年、かなり重要視されている項目としては、広告表示オプションですね。広告表示オプションはGoogleが強く推奨している機能なので、漏れがないようにしておくといいですね。

 

定番という意味では品質スコア関連の設問も出ます。「AdWords 検索」で出題される数と比較すると少ない印象ですが、品質スコア関連の設問も抑えておいて間違いないでしょう。

 

最後は、正誤問題や計算問題も散見されています。正誤問題は二択ですし、勘で解くという人もいると思いますが、きちんと理解していないと、そもそも意味がないので、感覚に頼らない姿勢も大事ですね。

 

「AdWords 基礎」に絞って、出題される設問を分類してみましたが、意外と広範囲に渡っている印象ですね。ただし、個々の設問の難易度は高いわけではないので、最低限の基礎知識をGoogleが問うて来ているということで間違いないと思いますね。

 

やはり、なんだかんだで、アドワーズの機能をきちんと理解しておかないと回答できませんね。

 

▼参考リンク

www.google.co.jp

support.google.com