Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):038】井上さんは、検索結果に表示されるインタ―ネット広告の利用を検討しています。「検索連動型広告」に関しての正誤問題に答えてください。

井上さんは、検索結果に表示されるインタ―ネット広告の利用を検討しています。「検索連動型広告」に関しての正誤問題に答えてください。

 

1 / 4
井上さんのビジネスに関心を持っている人だけに、広告を表示できる。

★正しい
誤り

 

2 / 4
検索結果に広告が表示された場合のみ、課金が行われる。

正しい
★誤り


3 / 4
検索連動広告は、自然検索の結果よりも目立つ位置に表示される。

★正しい
誤り

 

4 / 4
誰かが井上さんの広告をクリックした時にのみ、広告の課金が行われる。

★正しい
誤り

 

■検索エンジンへの対応

 

5. 検索連動型広告について

 

以下、解説を引用します。 

検索連動型広告は、特定の商品やサービスを探している人にだけ表示できます。 つまり、お店に足を運んでくれる可能性が非常に高い人を選んで広告を表示できるのです。

広告は自然検索結果の上部など、より目立つ位置に表示されることもあります。 また、それが広告なのか、自然検索の結果なのかが分かるようになっているため、検索した人はどのウェブサイトを見るのかを選ぶことができます。

井上さんにとっての大きな利点は、検索結果で広告が表示された回数にかかわらず、広告がクリックされた場合にしか課金されないという点です。 

 

検索連動型広告の魅力は解説の通り、検索している特定の人に広告が出せるので効果が出やすいネット広告ですね。

 

また広告の表示自体は無料でクリックされた時に課金されるクリック課金型の広告ですね、検索連動型広告は。

 

さらに検索連動広告は自然検索の結果よりも目立つ上位枠に掲載されます。ただし4枠限定なので、それ以外の順位の場合は下位枠や2ページ目に掲載されますね。