Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載!Googleのセミナー情報などお役立ち情報も満載!【Academy for Ads対応】

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):016】ウェブサイトにアクセスしたユーザーが、商品やサービスについて最も簡単に知ることができる方法は次のうちどれですか?

ウェブサイトにアクセスしたユーザーが、商品やサービスについて最も簡単に知ることができる方法は次のうちどれですか?

 

Aメール配信サービスに登録し、商品やサービスの無料試供版をもらう
Bサイトにアクセスしたときに自動再生される音声を聞く
★C商品やサービスのページを閲覧したり、よくある質問のページを見たりする
Dサイトで商品やサービスの利用規約を読む

 

■インターネット上でのビジネス機会 

 

章末問題

 

以下、解説を引用します。 

上手くデザインされた商品やサービスのページ、取り扱っている商品やサービスに関するよくある質問のページがあれば、消費者は効果的に対象の商品やサービスについて理解を深めることができます。

 

サイトで商品やサービスの利用規約を読むは大事ですが、最も簡単に知るという面では適当とは主観では思えません。またサイトにアクセスしたときに自動再生される音声を聞くも現状では音声を聞くというのが一般的か?というと普及しているとは言えないでしょうね。

 

さらにメール配信サービスに登録し、商品やサービスの無料試供版をもらうというのも良いとは思いますが、最も簡単という部分では疑問がやや、ありますね。

 

よって「商品やサービスのページを閲覧したり、よくある質問のページを見たりする」が正解と判断すべきです。

 

基本的にはホームページにはできるだけ多くの情報を簡単に得られるようにしておいて間違いではないとGoogleも正式に明言していると言えるでしょうね。