Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Partners オンライン広告理解度テスト(セールス向け):019】腰痛を防ぐために、高品質なマットレスを使うことの重要性に関する記事を読み、マットレス販売店を複数所有しているクライアントを思い出しました。記事を読んだ後、どのような行動をとるべきですか。

腰痛を防ぐために、高品質なマットレスを使うことの重要性に関する記事を読み、マットレス販売店を複数所有しているクライアントを思い出しました。記事を読んだ後、どのような行動をとるべきですか。


回答
クライアントの競合相手に記事を送り、自分がそのクライアントに対して行ったことについて内部情報の補足を加える。

競合相手との取引のきっかけとなる可能性がある何もしない。

よい記事だったが、クライアントは 15 年以上にわたって事業を展開しているので、特に目新しい情報ではないためクライアントにメールを送信し、「ただご挨拶したかった」旨を伝える

★クライアントに電話し、記事の内容について話をするとともに、クライアントに役立ちそうな情報を伝え、ビジネスをさらに拡大するためにどのようなサポートを提供できるかを付け加える

  

◆解説◆

これも一般論を問う設問ですね。

 

まず「クライアントの競合相手に記事を送り」というのは却下ですね。まぁクライアントの競合に情報提供しても仕方ないですしね。

 

また「ただご挨拶したかった」旨を伝えるというのも、電話で済むのではないでしょうか?これも却下でしょうね。

 

さらに「何もしない」のもダメでしょう?

 

…ということで残った、電話して、記事内容を説明しつつ、提案するのが良いでしょう。

 

さらに訪問して提案書でキッチリと提案するのが最善だと思いますね。