Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET【GAIQ情報もあります】

Google広告【旧:Google AdWords(グーグルアドワーズ)】認定資格の試験問題の設問と解答例を掲載。Googleアナリティクスの認定資格【GAIQ】など他の取得済の資格についても掲載してます!

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定資格をGET


【Google Digital Workshop(デジタルワークショップ):039】井上さんはお店のウェブサイトが新規のお客様を呼び込む上で、どの程度役立っているかわかりません。 この点を理解するために Google Search Console をどのように活用できるでしょうか?

井上さんはお店のウェブサイトが新規のお客様を呼び込む上で、どの程度役立っているかわかりません。 この点を理解するために Google Search Console をどのように活用できるでしょうか?正しい答えのスイッチを切り替え「解答する」をクリックしてください。

 

★ウェブサイトで使用しているキーワードが適切かどうかを確認する

★より良いページタイトルを確認する

より注目を集めるウェブサイトの内容を確認する

 

■検索エンジンへの対応

 

6. Google Search Console について

 

以下、解説を引用します。 

Google Search Console を利用すると、ウェブサイトで使用しているキーワードによって、検索結果に表示されやすくなっているかどうかを把握できます。 また、検索結果に表示されることで、見込み客のウェブサイト訪問数が増えているかどうかもわかります。

Google Search Console は、より良いページタイトルを考えるためには役立ちますが、より効果的なウェブサイトの内容を見つけたり、普段どのような人が彼のビジネスを検索しているかを確認することはできません。

また、Google Search Console では、携帯電話での使い勝手を向上させる方法など具体的な助言を行います。

 

アクセス解析のGoogleアナリティクスと比較してGoogle Search Consoleは知名度も利用頻度も低いですが、SEOを考える上では活用すべき無料のGoogleのツールですね。

 

前置きがこの辺で、Google Search Consoleでは検索結果の表示順位や流入数がキーワード毎にデータ閲覧することが可能です。Googleアナリティクスと連携してGoogle Search Consoleを活用することも多いのですが、サーチコンソール単体でも、かなり有益な情報をゲットすることができるんです!

 

Google Search Consoleはキーワードの情報が取得できるので、解説のように流入キーワードが分かれば、訪問者により刺さるタイトル分の構築が可能になります。

 

SEOでは順位に影響することもありますが、タイトルでクリック率も左右されるので、かなり重要な要素です。

 

ちなみに設問と関係ないですが、クリック率に影響が出る要素としては、ディスクリプションも大事ですよ!